外観のヒケ対策テクニック 肉厚変化はゆるやかに

外観・意匠

外観部分の肉厚変化は、ゆるやかにしましょう。

肉厚が急に変化していると、その境界にそってヒケ(成型不良の一種)が発生してしまいます。

金型部品は高温で溶かして型に流し込まれた後に、冷え固まって取り出されます。
肉厚に差があると、冷める際の熱収縮にムラができてしまいます。境界にそった収縮跡がヒケとして外観面に現れるのです。

ヒケの対策としては、肉厚の変化をゆるやかにしましょう。

肉厚変化の境界があいまいになるため、ヒケも目立ちにくくなります

外観・意匠に関する設計テクニックをまとめています。
こちらもぜひ活用してください!

外観・意匠に関する設計ノウハウまとめ
「外観・意匠」の記事一覧です。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました