外観ヒケを防ぐためのテクニック リブ肉厚は根本の半分以下

外観・意匠

外観面の裏側のリブは肉厚の半分以下にしましょう。

外観面の裏に分厚いリブがあると、ヒケが発生してしまいます。

ヒケができるおおまかな流れを示します。
成型後の樹脂部品は非常に高温になっています。

分厚いリブは他の部分より冷めるまでに時間がかかります。

最後にリブが冷めると、リブが熱収縮して外観面が引っ張られて変形してしまいます。

これがヒケとなって外観にあらわれてしまいます。非常に見栄えが悪いです。

ヒケを防ぐためには、リブの厚みを根本の外観部分の厚みより小さくします。どんなに厚くても根本の半分が目安です。

リブを薄くすることで外観部分より先に冷めるため、収縮時における外観の変形を防ぐことができます。

外観・意匠に関する設計テクニックをまとめています。
こちらもぜひ活用してください!

外観・意匠に関する設計ノウハウまとめ
「外観・意匠」の記事一覧です。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました