面取り寸法の入れ方<サンプル多数>

筐体設計

面取りは機械設計の基礎ですよね。
でも久しぶりに図面を書くと、不安になったり、悩ましい場面があったりします。

ハジメ
ハジメ

面取りの寸法って、これでいいんだっけ?

ベン
ベン

この向きから面取りを指示できないかな・・・?

そこで今回は、図面への面取り寸法の入れ方を紹介します。
あわせて、実際の現場で使われている、面取りに関する便利な図面表現も紹介します。

ぜひ面取り寸法を入れる際の参考にしてください。

注意

今回は面取りに関する実用的なテクニックを紹介します。
現場では十分通用する内容ですが、一方でJISやISOの図面ルールには準拠していません

面取りとは

まず、面取りについて簡単におさらいしておきましょう。
面取りとは、製品の角をナナメ45°に落とす加工のことです。

『C5』と書けば、深さ5mmの面取りのことです。
図のように45°の縦横の長さを指しています。
斜面の長さではないことに注意してください。

面取り寸法の入れ方 基本編

基本的な面取り寸法の入れ方を見ていきます。

図のようにブロックの一辺に面取りがされている場合、次のように図面に指示します。


図のようにシャフトに面取りをした場合は、側面図や断面図に記入するのが分かりやすいでしょう。

図のように穴のフチに面取りを指示する場合も同じです。
補助線を出して、補助線に対して面取り寸法を指示することもできます。

ちなみに・・・
C面取りは45°になります。45°以外の面取りに『C』を使うことはできません。
図のように普通に寸法指示します。

面取り寸法の入れ方 応用編

全ての面取りを上記のルールで入れると、図面が非常に見にくくなります。

図が多すぎたり、形状が複雑で指示できない場合は、次のような寸法記入も用いられます。

穴のフチの面取りの指示

穴のフチの面取りは次のように指示することもできます。

全周の面取りの指示

外形に沿って全周面取りがつく場合は、次のように指示した方が分かりやすいでしょう。

面取り寸法の入れ方 注記編

さらに図中にいちいち記載してたら、キリがないよ!逆に見にくくなる って場合には、注記欄に指示する方法もあります。

ハジメ
ハジメ

こういうのって全部の面取りを指示するんですか?

このような場合は、図面の注記欄に次のように指示します。

『指示無き面取りはC1のこと』
『指示無き角部はC1面取りのこと』

特殊な面取りが必要な箇所だけC0.5など別途指示し、
その他の箇所は、すべてC1で面取りしてもらえます。

面取り寸法の決め方

面取り寸法をいくつにすればいいのか、面取り寸法の決め方は、コチラのページで解説しています。

C面取りの数字っていくつにすればいいの・・・?って方はぜひご覧ください。

まとめ

今回は、図面への面取り寸法の入れ方を解説しました。

実際の現場で使われている、面取りに関する便利な図面表現も紹介しました。

今回の内容を利用すれば、面取りの図面は一通り入れることができると思います。
こんな場合はどうしたらいい?って内容があれば、ぜひコメントください!

コメント

  1. […] […]

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました