ファイルが開けない!?3D-CADの拡張子と対応方法まとめ

未分類
メーカー
メーカー

頂いた3D-CADのファイルが開けないんですが・・・

ハジメ
ハジメ

え!?ほんとですか?

ベン
ベン

ファイル形式(拡張子)は何で渡したんだ?

ハジメ
ハジメ

ファイル形式・・・?

拡張子とは

3D-CADで設計したデータを保存すると、『ファイル名.XXX』というファイルができます。
この.XXXという部分を拡張子といい、ファイル形式を表しています。

CADソフトごとに標準で扱う拡張子が決まっています。
特に指定しなければ、標準の拡張子でデータが保存されます。

CADソフトがNXであれば『.prt』
CADソフトがSolidWorksであれば『.sldprt』

一方で、CADソフトによらず開くことができる、汎用性の高い拡張子も存在します。
そうした拡張子のファイルを中間ファイルと呼びます。

なぜ中間ファイルが必要なの?

中間ファイルは異なるCADソフトを扱っている人たちの、橋渡しの役割をはたします。

あなたが使っているCADソフトと、取引先が使用しているCADソフトが同じとはかぎりません。


あなたが普段CADソフト:NXを使用してモデルを作成しているとします。
これをSolidWorksを使用している取引先のメーカーに製作依頼をした場合、
メーカーではNXのファイルを扱えないため、ファイルの中身を確認することができません。

今度は汎用性の高いSTEPファイル.stpでデータ交換をすることを
取引先のメーカーと取り決めておいた場合です。

NXでモデルを作成したあなたは、最後に.stpの形式に変換してから、メーカーにファイルを渡します。
加工メーカーは.stp形式のファイルであれば、SolidWorksで開くことができました!

主な中間ファイル(拡張子)

主な中間ファイルを下表にまとめておきます。

拡張子ごとに得意なデータや特徴もまとめておくので、
中間ファイル選択時の参考にしてください。

推奨となっている拡張子は、多くのCADソフトで閲覧・編集ができるので、
ココから選べば間違いありません。

3Dデータ用拡張子

推奨ファイル形式拡張子説明フリーソフト ビューワ
step.stpISO(国際標準化機構)で規格化されたデータ形式、変換精度が高いSTP Viewer
parasolid.x_tソリッドデータが得意、機械系でよく使われるユニバーサルファイルビューワ
iges.igs図形の情報をASCIIで表現したファイル形式,サーフェスデータやデザインデータが得意IGS Viewer
STL.stl三角トラス構造のポリゴンで表現されるデータ、シミュレーションでよく用いるMiniMagics

2Dデータ用拡張子

推奨ファイル形式拡張子説明フリーソフト ビューワ
dxf.dxfオートデスク社が開発したCADのデータ形式、dwgの互換性を高めたものeDRAWINGS
dwg.dwgオートデスク社が開発したCADのデータ形式eDRAWINGS

ソフト名をクリックすると、その拡張子を扱うことができるビューワーのフリーソフトのページに飛びます。急ぎで中身を確認したい場合にどうぞ。

FUSION360であれば表の全ての拡張子に対して、編集可能です。
(ダウンロードとインストールに時間はかかります)

よくあるトラブル

取引先や社内でのCADデータをやりとりする際のトラブルをまとめました。

あなたがデータを渡す場合は、相手に配慮してあげてください。
あなたがデータを受け取る場合は、トラブルがあればすぐに声出しするようにしましょう。

よくあるトラブル 拡張子が確認できない!

ファイル名の後ろに拡張子が表示されない方は、拡張子が非表示の設定になっています。
次の手順で拡張子を表示させることができます。(Windowsの場合)
ファイルを右クリックしてプロパティを表示させることでも確認できます。

どこでもいいので、フォルダを開きます。
フォルダウィンドゥの『表示』タブをクリックします。

『ファイル名拡張子』にチェックを入れます。

拡張子が表示されるようになりました!

よくあるトラブル 渡したファイルが開けないと言われた

1.相手のCADソフトとファイル形式を確認する

偶然使っているCADソフトが同じであれば、
拡張子を変換せずに標準データ形式で送ったほうがエラーが少ないです。
同じファイルでもバージョン違いで開けないこともあるので、確認しましょう。

2.別の拡張子を試す

中間ファイルの形式(拡張子)にもいくつか種類があるので、
他の拡張子を試してみましょう。

STEP.stpとParasolid.x_tが一番安定していてオススメです。

3.動作確認したソフトを連絡する

あなたが作ったファイルを問題なく開くことができるソフトウェア、
できればフリーソフトウェアを調べて相手に知らせます。

ファイルの中身が確認できればよく、編集などする必要がない場合に有効です。

よくあるトラブル もらったファイルが壊れている

1.相手のCADソフトとファイル形式を確認する

偶然使っているCADソフトが同じであれば、
拡張子を変換せずに標準データ形式で送ったほうがエラーが少ないです。

2.別の拡張子を試す

中間ファイルの形式(拡張子)にもいくつか種類があるので、
他の拡張子でファイルをもらえないかお願いしましょう。

受け取る場合でもSTEP.stpとParasolid.x_tが一番安定していてオススメです。

表に書いた中間ファイルでお願いするのは一般的なことなので、遠慮する必要はありません。
一方で中間ファイル以外の、自社のCADソフトの形式でお願いすることはあまりないでしょう。

3.壊れた部分を自力で復元する

ファイルを出してきた相手と打ち合わせをしたり、別途PDFなどで資料をもらって、
自力で壊れた部分をモデリングして修復します。

社内のデザイナーからもらったデータが多少壊れていたぐらいなら、
手動で直した方が早い場合もあります。

まとめ

今回は3D-CADで扱う拡張子(ファイル形式)についてまとめました。
ファイルが開けない、壊れているといったトラブルは割と多いので、
このページを参考に対処してください。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました